リファレンス 24 ドキュメント 7 サンプル 32
Artlet2D 11 basic 48 comobj 19 d3module 27 demo 1 elm2d 9 game 20 hgimg 12 hgimg3 44 hgimg4 15 HIDaspx 2 hsp3dish 12 hsp3imp 1 hspcl 10 hspcv 5 hspda 10 hspdb 3 hspdx 5 hspext 17 hspinet 14 hspprint 2 hspsock 5 hsptv 4 hsptvapp 1 hspusbio 1 llmod3 9 misc 12 module 8 new 21 obaq 13 SQLele 3 ssaver 1

hspext

Path : sample\hspext
aplkey.hsp
#include "hspext.as" アプリケーション・キャプチャー サンプルスクリプト メモ帳を起動して、あれこれ文字を入力した後、 aplkey.asというファイルを読み込む。
sample\hspext\aplkey.hsp - 2015/05/27
aplkey3.hsp
#include "hspext.as" アプリケーション・キャプチャー サンプルスクリプト3 すべてのウインドゥと、それに対応するオブジェクト (コントロール)の一覧を表示する。 上のリストボックスで、ウインドゥを選び、[CHECK] を押すと、下のリストボックスにオブジェクト一覧とIDが 表示されます。 オブジェクトが階層化されている場合は、下のリストボックス からオブジェクトを選び、[MORE]を押すとさらにその下の階層に あるオブジェクトが表示されます。
sample\hspext\aplkey3.hsp - 2015/05/27
aplnote.hsp
#include "hspext.as" アプリケーション・キャプチャー サンプルスクリプト メモ帳を起動して、あれこれ文字を入力した後、 aplkey.asというファイルを読み込む。
sample\hspext\aplnote.hsp - 2015/05/27
clipset.hsp
#include "hspext.as" 長い文字列をクリップボードへ sdim v,10000 a="clip test\n" repeat 30 v+=a loop clipset v sdim a,10000 clipget a,10000 b=strlen(a) mes ""+b+"文字がクリップボードに登録されています。
sample\hspext\clipset.hsp - 2015/05/27
dircsv.hsp
#include "hspext.as" #include "hsp261cmp.as" title "dircsv ver0.1" wx=400:wy=200 screen 0,wx,wy cls 1 gsel 0,1 sdim work,1024 sdim tmp,1024 sdim tools,256 sdim opt1,1024 sdim opt2,1024 sdim sname,1024 tools=curdir+"\\" work="C:\\" opt1="" opt2=""
sample\hspext\dircsv.hsp - 2015/05/27
emath.hsp
#include "hspext.as" 固定小数による数学関数テスト (sin,cos,atan) y=0:x=0:r=0 mx=320:my=200 ax=0:ay=0 emath 8 repeat ax=mousex-mx:ay=mousey-my ematan r,ax,ay title "AX="+ax+",AY="+ay+",R="+r emsin x,r emcos y,r emint x,x*50 emint y,y*50 x+=mx:y+=my redraw 2 color
sample\hspext\emath.hsp - 2015/05/27
emath2.hsp
#include "hspext.as" 固定小数による数学関数テスト2 fp=24 emath fp mes "小数の精度 = "+fp+"bit" b1="" b2="" pos 0,64 emcnv a,"2.0" emcnv p,"1.0" repeat 15 emsqr ans,a emstr b1,a emstr b2,ans mes b1+"のルート = "+b2 a=a+p loop stop
sample\hspext\emath2.hsp - 2015/05/27
folder.hsp
#include "hspext.as" ディレクトリ一覧表示サンプル (CHDIRを押すと、入力したディレクトリに移動します) sdim dirbuf,32000 dirbuf="" sel=0 ad="" objsize 200,24:pos 0,30 listbox sel,200,dirbuf button "Browse",*chg *getdir color 255,255,255:boxf 0,0,640,24 color 0,0,0:pos 0,0:mes
sample\hspext\folder.hsp - 2015/05/27
ftime.hsp
#include "hspext.as" 拡張ファイルアクセス命令テスト 選んだファイルのタイムスタンプを表示。
sample\hspext\ftime.hsp - 2015/05/27
fxdir.hsp
#include "hspext.as" デスクトップのファイル一覧を見る a="" fxdir a,$10 if stat : dialog "fxdir命令のエラーです。
sample\hspext\fxdir.hsp - 2015/05/27
fxinfo.hsp
#include "hspext.as" sdim drvatr,20,8 drvatr="不明","なし","リムーバブル","ハードディスク","ネットワーク","CD-ROM","RAM" repeat 7 vol="":fsys="" dfree=0:typ=0:ser=0 drv=cnt+1 drvstr="@":poke drvstr,0,64+drv mes drvstr+"ドライブの詳細:" fxinfo typ,drv,8 if stat : goto *chkskip
sample\hspext\fxinfo.hsp - 2015/05/27
fxlink.hsp
#include "hspext.as" インターネット・ショートカットを作成 a="ONION soft HOMEPAGE" fxlink a,"http: www.onionsoft.net/" dialog "ショートカットを作成しました。
sample\hspext\fxlink.hsp - 2015/05/27
fxshort.hsp
#include "hspext.as" Windowsファイル名(ロングファイルネーム) をDOSファイル名に変換する。 sdim fname,128 sdim lname,128 fname="fxshort.hsp" fxshort lname,fname mes "original file name="+fname mes "DOS file name="+lname ちなみにDOSファイル名をロングファイルネームに変換するには dirlist命令を使ってください。
sample\hspext\fxshort.hsp - 2015/05/27
pipe.hsp
パイプを使用して、コマンドラインを実行するサンプル exec命令と異なり実行の終了と結果を受け取ることができます。
sample\hspext\pipe.hsp - 2015/05/27
regtest.hsp
#include "hspext.as" レジストリ操作命令テスト HSPスクリプトエディタの設定を読み込む regkey 0,"Software\\OnionSoftware\\hsed",0 mes "STAT="+stat a=0 getreg a,"winx" mes "winx="+a+" / STAT="+stat getreg a,"winy" mes "winy="+a+" / STAT="+stat b="" getreg b,"helpdir",1 mes
sample\hspext\regtest.hsp - 2015/05/27
regtest2.hsp
#include "hspext.as" レジストリ操作命令テスト Windowsアプリケーションの追加と削除の設定を読み込む rt="Software\\Microsoft\\Windows\\CurrentVersion\\Uninstall" regkey 1,rt if stat : dialog "該当するレジストリが見つかりません" : end sdim a,10000 sdim b,10000 sdim ent,10000 sdim name,1000 reglist a,1
sample\hspext\regtest2.hsp - 2015/05/27
terminal.hsp
簡易ターミナルソフト (入力ボックスの内容を[SEND]ボタンでモデムに送ります) (「atd電話番号」をモデムに送れば簡易ターミナルになるはずです) #include "hspext.as" sdim buf,128 onexit *combye sdstr="" input sdstr,320 button "SEND",*comgo button "END",*combye comopen 1,"" if stat : dialog "シリアルポートは使えません" : end a=0
sample\hspext\terminal.hsp - 2015/05/27